ちか右衛門と奈良クラブ

JFL奈良クラブ応援ブログです

2021年JFL第6節 奈良クラブ対ソニー仙台FC

第5節は休み番ということもあり、中2週間空いて久々の試合でした。

この期間にどれだけチームとして成長できているのかを楽しみにしていました。

  • スタメン

f:id:cnara2015:20210426200825j:plain

 

森選手がワントップの位置に起用。FWが足りていないから苦肉の策でしょうか。片山選手が今節ベンチからも外れました。故障でありませんように。

控えGKに赤塚選手、そして個人的に注目している選手の一人、森田選手がベンチ入りしました。

  • 結果

今回下手なレビューはやめておきます。

奈良クラブ0-3ソニー仙台FC

完敗です。

(結果詳細はこちら

  • 感想

念のため、改めて申し上げておくと、以下、あくまで「自分はそうだ」です。

優劣も善悪も論ずるつもりはありません。

 

これで4連敗。しかも3試合連続無得点。

サッカーは点を取らないと勝てないスポーツです。

負けるのは悔しいけど、得点できないのは精神的なダメージがさらに倍加されます。

正直昇格どころか降格するんじゃないかという恐怖もじわじわこみ上げてきます。

しかし、今日の試合では、今シーズンのやろうとするサッカーを苦心しながらも組み立てようとしている様もネット中継の画面越しからですが見られました。

そこはきちんと認めたい。

選手もコーチもフロントも人生がかかっているのだから死にものぐるいで取り組んでいるのは当然です。

それは昨年までのMaiki Reviewで林舞輝前監督が常日頃から言ってた事。

今でも後悔しているのですが、それに対して図らずもリスペクトに欠ける質問をしてしまい、前監督を激怒させてしまったことがありました。

特にそれ以来、チームは全力を尽くしている。それを信頼する事を、自分の奈良クラブを応援する大前提としています。

もし、自分の中で信頼することができなくなったら、いつでも黙って離れます。

負けたら悔しい、腹が立つ、恐い。

しかし、全力で準備してこの結果なら、致し方ないと冷静に受け止めている部分があるのも嘘偽りない気持ちです。

全力ならば、不甲斐なさには選手自身が一番責めているはずだし、監督コーチが徹底的に叱って修正するはずです。クラブ自身の仕事です。

 

チームの形ができるまで時間がかかるエコノメソッド。

必ず今のチームで体得して結果を出し始めてくれると信じて待つしかありません。

今年もっと早くにチーム始動できていればなあ。

フリアン監督がいればリアルタイムで細かい修正もできるんだろうな。

コロナが悪い。本当に理不尽だ。

でも、それを今嘆いても仕方ない。

今シーズンはこうすると奈良クラブが決めた。

自分は、ただ信じて応援するだけです。

  • 順位

f:id:cnara2015:20210426202722j:plain


15位

絶対に目を背けない。

これが奈良クラブの現時点での実力です。

  • 次節に向けて

次節は高知ユナイテッドSC戦。

昨シーズンは奈良クラブホームで引き分け。

今節は鈴鹿に敗戦していますが、1点返して意地を見せています。

奈良クラブはチームの完成度はまだまだかもしれない。

それでも次節は、点を取って欲しい。

ただ勝って欲しい。

 

頑張れ!頑張れ!奈良クラブ

 

次の試合に勝つ!